Vtuber(ブイチューバー)

Vtuber(ブイチューバー)

2019年3月2日 オフ 投稿者: VRNEWS

Vtuberは「バーチャルYouTuber」の略語

アバターを使って動画投稿や配信活動を行っている人の総称です。「YouTuber」の派生語で、YouTube以外の動画配信プラットフォームを拠点として活動しているパフォーマーもいます。

火付け役は「キズナアイ」

2016年12月に活動を開始した「キズナアイ」がブームの火付け役と言われています。自身をバーチャルな存在とし、「バーチャルYouTuber」という単語を最初に使ったのもキズナアイです。2017年12月には、キズナアイのチャンネル登録者数が100万人を突破。Yahoo!ニュースでも取り上げられるなど、Vtuberのジャンル全体がネット上で爆発的に流行し始めたのもこの時期です。

これまでのYouTuberと何がちがうのか

生身で配信を行うYoutuberとの最大の違いはアバターを使用している点です。しかし配信者がアバターを使用し動画配信することは、思った以上に様々な意味合いがあるかもしれません。

マーケティング的な意味合い
Vtuberは既存の大手企業や自治体からマーケティング的な意味合いでも注目されています。一番人気のキズナアイは「訪日促進アンバサダー」に就任しているほか、Vtuberが企業と自治体に起用されるのも珍しくなくなりました。

大手企業ではサントリーが公式Vtuberとして「燦鳥ノム(さんとりのむ)」を、ロート製薬も公式Vtuber「根羽清ココロ(ねばせいこころ)」をデビューさせており、茨城県ではVtuberの「茨ひより」がPR担当として起用されています。

このように企業や自治体がVtuberに注目する背景には、以下のようなメリットがあるからだと考えられます。